FC2ブログ

放っておけばよかった

とあるスーパーで娘と買い物。
レジに並ぶと、小さな女の子を連れた若いお母さんが後ろに続いた。

欲しい物を見つけたが買ってもらえない、という状況なのだろうか、
女の子は一生懸命泣き叫んでいる。
そう言えばさっきから派手な泣き声が聞こえていたな。この子だったのか。
その子のお母さんは、時折なだめながらも、抱上げる風でもなく平然としている。

2歳、ってとこかな。小さくてかわいいな、泣き喚いていても。
よその子だから、どうでもいいもん、ひと事だからと、そんな風に捉えると、
泣き叫んでいてもかわいいなぁと思っては、笑みまで浮かべて女の子を眺める私だった。

私もそんな風に、放っておけばよかったんだと、
今更何をやり直せるものでなくても、今はそう思う。

小さい子供が、小さな我が子が、
スーパーで何かを欲しがって泣いたとしても、
興味を持ったものに触らせてさえもらえずに泣いたとしても、
放っておけば良かったんだ、泣かせておけば良かったんだと、
今はわかる。



初めてドイツに住んだ頃、そして東京にいた頃、
スーパーでまだ幼かった子供にねだられては泣かれたものだった、と思い出す。
公共の場だと思っては、うるさくしてまわりに迷惑にならぬ様にと
つい抱き上げて言い聞かせなだめた。時に根負けしては買い与えてしまった。

親というのは奇妙なことに、
感情やら本能の赴くままに行動し喚くおさな子相手に、
神妙な顔をして一生懸命まともな言葉を用いては
世間の常識を言って聞かせようとする。
通じるわけも無いのに頑張る姿が笑える。
その姿はかつての私。自分で自分を笑っていたら世話は無いな。

親は思う。
ここは公共の場だぞ。
そして自分は子供のことを大事に思うまともな親だ。
子供が泣き叫んでも構わずに放っておいたら、
他の買い物客の手前も変ではないか。
非情な親だと思われる可能性も無きにしもあらず、だ。
ここはしっかり抱き上げて、言い聞かせるとしよう。
子供は、心の中ではきっときっとわかってくれている。

わかるわけがないのにわかると信じるところが笑える。
私は、そんな親をどこかで見かけるにつけ
(それは、ドイツだろうと日本だろうと他の国だろうと関係無いが)、
かつての自分自身を思って気持ちの中で笑う。

それはしかし、嘲笑とは類の異なる笑いであって、
上手くなくても頑張る姿が何だか笑えてしまう、と言うか。



育児の現場においては(それはもう、どこもかしこも至る所が育児の現場と言えるが)、
パワー全開で泣き喚いている子供に向かって何をなだめようとも言い聞かせようとも、
それがどうにも届かないことがある。
実の所、泣き喚く本人ですら、泣いている理由がそのうちにはわからなくなるものだ。

子を抱上げなだめる親の気持ちは、かつて私も同じことをいつもしただけによくわかる。
しかし今は思う。今更思う。
あんなに泣かれても、子供なんて、子供なんて、放っておけば良かったんだ、と。

たかが何かをねだって物欲しさに泣いている時にまで、
おぉよしよしと抱上げることはなかったのだと、
その女の子を見ながらやっとわかる私だ。

目は口ほどにものを言う、と言うではないか。
惰性でいまだに大声を張り上げながらも、
女の子の視線は活発に動いて、しっかりと次の何かを探していた。
さっき欲しかった何かは、大泣きの涙を呑んでとっくに乗り越えている。
次は笑顔が来る番だ。次の何かを見つけたら、もうすぐ彼女に笑顔が戻る。



私は娘に言った。
「あなたが小さかった頃にもあんな風にスーパーで泣かれたことが何度もあったけど、
ああやって(あのお母さんの様に)放っておけば良かったんだよねぇ。
だって、そのうちにはいい加減泣き止むんだものねぇ。
諦める、ってことも勉強してさ」

すると娘は言った。「えぇぇ?!泣いてるのにそれじゃかわいそうじゃん!」

「でもさ、見てご覧、あの子の目。
もう悲しくないんだよね。ちゃんと次の何かを探してるって感じじゃない?」

「あ、ほんとだ。まだ喚いてるけど、もう泣いてない」



子供がどこかを痛がっているとか、
つらかったり寂しい時なんかは、それはもちろん話が違う。
でも、たかがスーパーで買い物途中に
子供がモノを欲しがってそこから動かなくなったり泣いたとしても、
全く平然と構える親にどうして私はなれなかっただろうかと、
今思っても全くもってどうしようも無いけれども、それでも今こうして思ったりする。
間抜けな、文字通り、間抜けな親だった。今も大して成長していないなあと思う。

子供には、泣き喚いても乗り越える何かがそこにあっただろうに、
子供が自力で乗り越える一歩手前でおぉよしよしと抱き上げてしまった私は、
子供が自力で何とかする力を養い育てる事無くずっと来てしまったわけだと、
息子を見ては思ったりする。
もちろんそこには、子の側の受け止め方にも因る部分があるにはあるが。



FC2ランキングへブログランキングへにほんブログ村around50主婦ブログへにほんブログ村ドイツ情報ブログへ
0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
いずれかクリックして頂けると、ついでに私も喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ