FC2ブログ

コトバ コトバ コトバ 

私が息子に日本語で喋るのを、
息子がはっきりきっぱり嫌う様になって何年が経つだろう。

「恥ずかしいから外では日本語で話しかけないで」と息子から言われたのは、
息子がまだほんの2年生くらいの頃だったか。

それでも私は、私にとっては至って自然な「日本語を話す」という習慣のために、
息子に何か言われても慣れが手伝って相変わらず日本語で話しかけていた。

けれどもいつしか息子は、私の日本語をマジに怒るようになった。

そんなに私の母語が嫌われているならもう二度と……
と心に深く決めたわけでは別になかったが、
私は次第に息子との会話を、ドイツ語に切り替えて行った。

日本語を口にする度に嫌がられるのがやはりつらくもあったので、
自己防衛みたいな気持ちがそこに働いたかもしれない。

日本語を話さなければ(ドイツ語を話せば)責められないのだからと、思った。
私はオトナ気ない人なので、ムキになった部分もそりゃああった。

しかし最近じゃこのどら息子はどうだ。
今度はこちらのドイツ語にケチをつけてばかり。

私は、話の全体を掴むことはできるが詳細を捉えるのが難しいことが少なくない。
息子はそれに気づいては、私を責める絶好のチャンスを得た気になる。

なんでもっとドイツ語を勉強しない?と子供から言われるこの気分と来たら。

日本語を喋っても嫌がられ、ドイツ語で頑張ってもケチをつけられ、
ここに来てかなり嫌になった私は、再び日本語に戻そうと思った。
何を言われても構わず耐えて、自分の母語を話そう。

夫には、出会った頃からずっと夫の希望通り日本語で接してきた。
今では時々こちらがドイツ語になることもあるが、基本はやはり今も日本語。

娘には、赤ちゃんの時からずっと日本語だけで話して来て、
娘から日本語を嫌われたことも無かったので、
娘と私が、それじゃドイツ語会話をかわそうとしたらこれはもう、
不自然なこと極まりない。
娘は、日本語を話せるのはみっともないとか日本語は変だとか、
そういう息子みたいなことを思ったことはただの一度もない、はずだ。
だから私は、娘のそういう所に対しては心でいつも感謝している。

話を戻そうっと。

さあこれから私は、
息子と日本語で喋ろう。
堂々と日本語を。

しかし意外にもここで、慣れが邪魔をする。

振り返れば、私はもう何年もドイツ語で息子に接してきた。
だから息子は、私の息子でありながら、
私が外のその辺の知り合いのドイツ人に接するのと何ら変わらないみたいな、
ドイツ語で話すのが当たり前の、そんな存在になっていて、
面と向かった時につい私の口にのぼるのはドイツ語。

自分の作った習慣を、
自分で切り崩す時間がまた必要なのだなと、
思う今日この頃。

日本語で喋っては、そんなアジア語何にもわからんと言われ、
ふとまたドイツ語に戻してしまっては、下手だ勉強しろと言われ、
結局どう喋ろうと、コミュニケーションの成立しにくい母と息子が
ここにこうして出来上がっている。

なんだかなー。
これで親子だ、ってんだから、なんだかなーだ。まったく。

これをお読みの国際結婚の皆さん、
まだお子さんが小さい国際結婚の皆さん、
うちみたいな親子にならないように、
頑張って頂きたいと、心から思う次第です。



0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
いずれかクリックして頂けると、
どこかのランキングに飛べるだけでなく、
ついでに私も一票頂き喜びます。
スポンサーサイト



コメント

久しぶりのコメント失礼します。

久しぶりにお邪魔して一気読みさせて頂きました。夏休みバイエルンは一番遅く始まるのでしたっけ?

言葉の問題は同じ南ドイツ人の夫を持つ日本人として興味深く読ませて頂きました。ご主人さまはドイツで日本語で会話とは素晴らしい。ガーネットさんはお子さんとドイツ語で会話できるなんて、これまた素晴らしい。(バイヤン語ですか?!!)息子さんは今の所日本語があまりお好きでないようですが、ま、もっともっと大人になればまたその考えも変わってくるかもしれません。

親子の関係は同じです。

でも、日本人であるお母さんのドイツ語に難を唱えるのはツライですね。私のドイツ人と結婚した友人も息子さんにドイツ語が下手だと笑われて落ち込んでいたとき、ご主人が息子さんにこう言ったそうです。
「おまえが母親のドイツ語に文句を言えるのは、おまえが母親と同じくらいに日本語を話せるようなってからだ。」と諭されたそうです。それ以来、ピタリと母親のドイツ語を笑うことは無くなったんだそうです。わたし、この話聞いたときに、とても感動してしまいました。ガーネットさんも、ご主人様に息子さんへ一言言ってもらってはどうでしょう。

日本語の難しさをご存知のご主人さまならきっと理解してくださると思うのですが。

長々とごめんなさい。

なるほどー

なるほどねぇぇ!言葉の苦労を知っているはずの主人ですが、そんなセリフで私をかばってくれた事はただの一度もありませんでしたねー。そもそもそういう発想が無かった、彼にも私にも。いやぁ。なるほどなるほど。

うちには主人の日本語にけちをつける人はいません。いや、います。ここに私が(笑)。たまにはね、言っちゃうんですよ、だって、ほとほと疲れますからね、外国人の日本語をずっとずっと何年も何年も聞き続けるっていうのは、これでなかなか大変なものですから。

うちの場合、娘は日本語が上手いですが、彼女は父親の日本語を聞いてたとえ変だと思っても、思いやりがあるので決してそうと口にすることがありません。そして息子は、父親が日本語で何を喋っているかが理解できないため、父親の日本語がたとえ変でも変だということ自体がわからず、やはりそれをそうと口にすることがありません。

ほんと、今度言ってもらおうかな。でも、そういうことをこちらから頼むというのも何だかな…。なんで気づいてくれないかなー。


………。
………。


書きながら、ふと思いつきました。私が夫のニホンゴに二十年を経て時おり疲れ果てるように、息子もまた、私のドイツゴに何年かを経て嫌気が差している、ということなのでしょうねこれは。要は、この私がお手本になっちゃってる?息子は、アホで思いやりもなく共感もないので、人を(=私を)バカにするという出方しか思いつかないのでしょう。そう考えてみれば気の毒にもなります。でも、ということは、この私自身もアホで共感がない、ということになるのかな。ね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ