FC2ブログ

試み

どんな場面であれ、親がその場にいない方が、
子供ははるかにしゃんとすることがある。
そしてそれは、子供が小さい頃だけの話じゃないんだと、
このごろ痛感。

日常っていうのは、毎日同じように過ぎて行って、
特にこうしようああしようと決めてかかったわけじゃなくても、
何かがいったん習慣みたいになってしまうと、
いざ変えようとする試みは、時として簡単じゃない。

朝起きて、紅茶を入れる。そこに冷たい牛乳を足す。
朝一番の飲み物は、何となくあんまり熱過ぎないようにと思う。
だから冷たい牛乳を少し多めに。
気分によっては砂糖をひと匙。去年までは決して入れなかった砂糖を。
年のせいかな、甘い飲み物も、美味しいものだなと、この頃思う。

乾いた洗濯物の中に息子のものがあれば、たたんで息子の部屋に届ける。
届けついでにそれとなく息子を起こす。
洗濯物を持って行くのは、子供を起こす口実になる気がした。

「こんな事をいつまでもしていてはいけない」と思いながら、
「そう思いながら何年経つんだろう」と思いながら。それが日常だった。

子供が学校に持って行く軽食は
― それは例えばハムとチーズとレタスを、あるいはハムの代わりにサラミを、
  バターも塗らないパンに挟むだけの簡単なものだったりするが ―
子供から頼まれた日に限り用意。

紅茶を持ってパソコン部屋に行く。
あるいはリビングでぼーっとしながら紅茶を飲む。
ぎりぎりになっても息子が起きてこないと、階下から声をかける。

車さえあれば、特に問題があるわけじゃない。
通学のバスに遅れても私が送って行ける。
けれど、子供がバスに乗り遅れさえしなければ、
私もわざわざ送っていく必要が無いので、
できるだけ乗り遅れないでほしいものだと毎日思う。

夫が出張に車を使う日は、つまり私は車が無いので、
そういう朝に子供がバスに乗り遅れたりすると、
特に息子の路線の場合には、もう手段がなくなる。
だからそういう朝には、私はさらに神経質になる。

起きなくてはいけないとわかっているのに誰かから起きろと急かされるのは、
まったく嫌なものだ。息子はもちろん、そのうち私にむかっ腹を立てる。

腹を立てられようが、息子がバスに遅れては大変と思う私は
やっぱり毎朝息子を起こさなくては安心できない。

ああ、こんなことを、一体何年続けているのだろう。
何の進歩も無いままに。

私とて、朝っぱらからうるさくしたくはこれっぽっちもないが、
ついつい何かとやかましくしてしまう。
特に、朝の時間の無い時に「答案用紙のここにサインをくれ」だの、
「美術の授業の材料費に8ユーロ50セント要る」だのと言われると、
「なんでゆうべのうちに言わないの!」と声を荒げる。

そしてその様子に今度は夫が腹を立て、朝っぱらから何だぁ!となる。
私はちっとも悪くないのに、一緒くたに怒られる。

こんなこと、いつまでもしてちゃいけないと、
そう思いながら何年経ったんだ?

ここで私は、心を入れ替えよう。
新たな試みを始めることに決めた。

これからは、毎日静かな朝を迎える。
子供は、親がその場にいない方が、しっかりするものなんだから。

息子に向かって私は、粛々と宣言した。(それは先週火曜夜のこと。)
「明日からママは、もうあなたを起こさない。
目覚まし時計をちゃんと使って自分で起きなさい。
ママは、朝の用意をしたらどこかに引っ込むから、
あなたは自分で起きて学校に行く」

ああ、こんなことを、百回だって言ってきた。しかし今度こそ本気。

そして宣言後の水木金、
息子が突然にしてちゃんと起きて学校に行った。
初日には朝シャワーまでして。

まったく、親などいないに越したことは無い。
自分は何でここでこうして生きているんだろうかと、
何やら複雑にならぬでもない、この小さなステップ。

こうして自分は、また一つ要らなくなって行くのだと
思う小さな寂しさを、喜ぶことにしよう。
いつまでも親が自分に役目を持たせていても、
それはまずいだけだと、遅まきに気付く私だった。




おまけ :

今日は夕方に隣町の卓球クラブのトレーニングがある日で、
息子は今日の宿題がなかなか片付かずにむしゃくしゃし始め、
「今日は卓球行かない!」とまたぞろごね出したので、
私は息子が卓球に行くなら出なければならない時刻にかぶせて
スーパーに買い物に行った。
息子はおそらくサボったに違いないと踏んで帰宅したら、
息子は留守だった。ちゃんと行っていた。
これは、親がいないと子供がしゃんとする実に良い例だと私は思う。



0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
いずれかクリックして頂けると、
どこかのランキングに飛べるだけでなく、
ついでに私も一票頂き喜びます。
スポンサーサイト



Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ