FC2ブログ

試み-2

「朝に息子と顔を合わせない」という新しい習慣を作って2週間。

「平日の朝に登校前の息子と一切顔を合わせない」と言えばより正確。

これがなかなかうまくいっているので、
なぜもっと早くに思いついて実行しなかったかと思う。
けれどもまぁ、日常というのはそんなものだ、とも思う。
もっとああしていたなら、いや、こうしていたなら、
どうだったのにと、思うことばかり。

触らぬ何とかに何とかと言うから、
特に息子の虫の居所が悪そうな時には、
こちらからわざわざ話しかけない方が双方にとって良いと百も承知だが、
一緒に暮らしているとなかなかそうきっぱり出来ない部分もある。

息子と話すと、会話の一体どこがどんなきっかけになって
口争いに発展するかわかったものじゃない。
静かな朝を迎えるという目的を日々達成するためには、
息子と顔を合わせないという新たな習慣を始めたことは実に良かった。

結果息子は、自分で起きている。素晴らしい。

朝に子供と顔を合わせれば、ついつい私は何か声をかけてしまう。
しかしそういう母親は、結構多いと思う。転ばぬ先の杖を、あげ過ぎちゃうのだ。

息子が何年生になっても、「忘れ物しないようにね」だの
「そういえば先週体操着忘れたって言ってたね、今週は気をつけなさいよ」だの
「学校から何か連絡文書は無い?」だのと
しょっちゅう言って来た私がうるさがられるのも当然。

それに、そういうことを言っても言っても、
それでも子供は、と言うか、人は、
忘れ物をする時にはする。だからたいして意味が無い。

結局私は、すべて自己満足のために言ってきたんだろうと思う。
子供に何か声をかけることで、毎朝の責任を果たした気になっていただけだ。
子の成長を促がすつもりが、反対向きにしか、ならなかった。

うるさい親に反発する心は、いつかその状態を奇妙に変形させて、
親の望まないことをわざわざしてみようとするかも知れないと、
遅まきながらちょっと気付いた気がする。

私と息子が口げんかみたいになる時、
夫はいつも「アナタさえ居なければすべてはうまく行く」と
私に向かって言ったものだ。

何かと口うるさい私さえ居なければすべてはうまくいく…。

私は子供のためを思って言っているのに、
それでも私など居ないほうが子供には良いと言うのか。

そうかもね。確かにそうなんだろうと、思った。

けれども、だからと言って、
はいわかりましたと家出するわけに行かない。
家を出て、そこから行く先が無い。

だから私は、どこにどう居なくなればいいのかが、
さっぱりわからずにいた。
いっそ夫が私のためにどこかに部屋でも借りてくれればいいが、
それも経済的にもったいない。

それに私は、出て行くなら私ではなく息子の方だろうと、ずっと思っていた。
だからあと何年かの辛抱なのだと。

息子と顔を合わせないために
犬も居ないのに朝っぱらからひとり侘しく散歩に出るというのも、
どうにも気が進まない。
なぜ私が息子のために気温4度の寒空に(こちらはそれくらい寒いんです)
出て行かなくてはならないのだろう。少々理不尽ではなかろうか。

それで私は、この新しい習慣を始めるに当たり、
朝の支度を済ませてたあとで(…と言っても全く大した事はしないが)引っ込む場所を、
屋外ではなくパソコン部屋でもなく、寝室の自分のベッドに決めた。
それは私にとって、世界で一番平和で幸せで暖かくて愛すべき場所。

窓を開け放し朝の冷気を入れながら、
ベッドに胡坐でもかいてさっき作ったミルクティーを飲もう。
飲み終えたらごろりと横になる。
そしてやっぱり、息子は今朝もちゃんと起きるだろうかと、
物音に耳を澄ます。

私が息子をそれとなく毎朝起こしていた頃には
いつまでもそんなことをするなと怒っていた夫が、
この習慣を始めて数日、私無しで息子がちゃんと起きれるだろうかと
私に代わって心配し出した。おかしなものだ。

私が始めた新習慣は、結果我が家に静かな朝をもたらしたので、
今後もしばらくは続けることにしよう。

家の中でこんな風に息子から「隠れる」というのも奇妙だが、
これでどこかが改善して行く気が、しないでもない。



0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
いずれかクリックして頂けると、
どこかのランキングに飛べるだけでなく、
ついでに私も一票頂き喜びます。
スポンサーサイト



Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ