FC2ブログ

用意周到

この前の山歩きの日の、おまけの話。


ゴンドラ・ステーションの駐車場に車を停めた時、
私は、車のドアポケットにいつも入れている水のボトル(500ml)を一本
持って行ったほうがいいなと思いながら夫に、何か飲み物持って来た?と聞いた。
ちゃんと持ってると彼が答えたので、
さっすがーと思い私はその水を持たずに手ぶらで車を後にした。
なぜ明確に「水を持って来ているか」と聞かなかったのだろう。

ゴンドラで標高900mを数分で上がり、しばらく上の景色を眺め、そして歩き始めた。
そのうちのどが渇いた私は、少し先を行く夫を呼び止めた。

「飲み物、ちょうだい」

「ビールしかない」

「えぇ?ビール?ビール持って来たの?水じゃなくてビール?」

「だって、山のヒュッテはもしかして開いていないかも知れないから」
(↑ヒュッテが休業だとビールにありつけない)

「ビールじゃ今飲むわけに行かないじゃん。まだ午前だし。まだまだ先は長いし。
 ああのどが渇いたなぁ」

山のヒュッテは、スキー場にあるならいざ知らず、
散策路の途中にあるヒュッテでは、確かにこの時期既に閉めてしまう所もある。
それを考慮しビール持参とは実に用意周到な夫だ。

しかしこれでは用意が良いんだか悪いんだかわからない。
私は、のどが乾いた。飲むなら水だ。まだまだ先は長いので、
ここで夫の背中で温まったビールを飲むわけに行かない。

あぁ本当にのどが渇いた。どうしよう。

と、通りかかった山小屋に、
これにもうちょっと毛の生えたくらいのがあって、
Wasserhahn.jpg

ちょろちょろ水が流れ出てくる。
飲み水なのかわからないが、仕方ないので飲んだ。
水ゴケのエキスが入っていそうだ。お腹壊さないかな。

少しばかりのどを潤し、また歩き出して、
やっとヒュッテに着いたら営業していた。良かった。

ゴンドラで登った分を下る道程は、十数キロの距離になったと思うが、
獣道の様な箇所があまりに多く、かかる時間の割りに距離を稼げない。
そしてその道すじにヒュッテは一軒だけなので、
それが閉まっているとなれば、かなりがっかりすることに。

確かに、そんな時に持参のビールがあったらどんなに嬉しいだろう。
けれど、ひと肌に温もったビールではちょっと嬉しくないかも。

疲れて歩くのに飽きても、車を停めた駐車場に戻らなければ帰宅できない。
ヒュッテをあとにまた延々と歩きながら、私は夫に聞いた。

「ビールを、どうするつもりだった?冷えてないのに」

「川か、小川か、湖を見つけたら冷やすつもりだった。
 10分も入れておけば冷たくなる」

「なるほどねー」

大自然の大ファンというわけでは特にない私は、
そういう事をぱっと思いつかなかった。簡単なことなのに。
と言うか、川や湖の脇を通ることになるのかも知らなかった。

自然に囲まれ、川で冷やすビール。
やはりビールに関しては用意周到な考えを持つ夫だ。
けれど結局の所は、ビール2本より水を2本持って行った方が利口だった。

帰宅後お腹をこわした私。帰宅後で良かった。
やはり水が良くなかったのだろうか。



0円のWEB素材屋さん
のランキングボタンです。
いずれかクリックして頂けると、
どこかのランキングに飛べるだけでなく、
ついでに私も一票頂き喜びます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Message
★当ブログへようこそ。
★コメントは承認後の公開です。
★非公開ご希望コメントに対しては、お返事したりしなかったりです。
★拍手コメントは受付けていません。
★ランキングボタンや拍手をクリックして下さる皆さん、どうもありがとう!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

granat

Author:granat
初めまして。ガーネットです。
南ドイツ・バイエルン州に住んでいます。
どうぞよろしく!

もっと知りたい方はこちら
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ